芸能ニュース特ダネ

注目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめ新着記事
人気ブログランキングへ
[--/--] お気に入りに追加 | コメント(-) | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーをTwitterでつぶやく

[Champagne]新曲MVパクリ疑惑に所属事務所が謝罪!動画を削除へ

35227_1.jpg
バンド[Champagne]の新曲ミュージックビデオが、海外バンドのミュージックビデオと酷似していることから、パクリ疑惑が ・・・ ⇒ ENTAMERANKING





⇒[Champagne]のレアグッズはこちら!

バンド[Champagne]の新曲ミュージックビデオが、海外バンドのものと酷似していることから、パクリ疑惑が浮上していた件について、同バンドの所属レーベルである株式会社ユーケープロジェクトがサイトで謝罪をし、今回のミュージックビデオは使用を一切取りやめ、YouTube上に公開した映像も削除したと発表しています。 → Ranking

(以下引用)
問題となったのは、[Champagne]が発表した新曲「Forever Young」 のMV。歩き続けるボーカルのアクションが同じ映像内で静止した自身の姿と重なる、コマ撮りのようなユニークな映像で、その演出や構図が今年1月にYouTube上にアップされたオーストラリアのバンドClubfeetの楽曲「Everything You Wanted」のMVとあまりにも似ていると、ネットを中心に話題になっていた。

「Forever Young」のビデオには日本だけでなく海外ユーザーからも内容が似通っているとの指摘コメントが相次ぎ、ついにはClubfeetもツイッターやFacebookを通じてこの件に言及。比較画像と共に、「日本人に『Everything You Wanted』のビデオを盗まれた」と不快感を露にコメントしていた。

この事態を受けユーケープロジェクトでは10日、オフィシャルサイトにおいてビデオについてお知らせを掲載。日本語と英語で「Clubfeet様をはじめ、関係者様にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。またビデオの内容については、映像製作を担当した同社が企画、演出したものであると説明し、「メンバーが意図したものではございません」とバンドの関与については否定している。

(引用元)シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0051995


この件に対し、所属事務所のコメントに続いて、[Champagne]メンバーもオフィシャルサイトでコメントを発表し、バンドの関与について否定した記述について「メンバーとしては出演もしており、更に完成後の映像チェックも行いましたので、関わっていたと自覚しております。」としています。

騒動に関しては「今回の映像は『パクリだ!』と指摘されても認めざるを得ない内容だったと思います。メンバー一同深く反省しており、今後この様な事が起こらない様に制作段階から携わるようにしていきたいと思っております。」とコメントしています。

[Champagne] - 「Forever Young」動画 ⇒ Ranking Ranking Reading
Clubfeet - 「Everything You Wanted」動画 ⇒ Reading Ranking Ranking

よくネット上ではさまざまなパクリ疑惑が浮上していますが、正直、パクリというには微妙なものもたくさんあります。しかし、今回のミュージックビデオは言い逃れができない内容です。

結果的には、今回の騒動で[Champagne]の知名度が上がることになりそうですが、もしかしてこれも一種の商法ってことはないですよね(笑)





最新の芸能情報は→ランキング
芸能人の噂や裏情報は→芸能界のうわさ
ジャニーズの噂は→芸能広場

おすすめ新着記事
人気ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
おすすめ
レアなグッズがたくさん!
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SEO
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
芸能ニュース


SEO




blogram投票ボタン

banner_21.gif

ブログランキング





今更聞けない人に。CMSのすすめ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。